blog

江戸時代のアートビレッジ 源光庵・常照寺・光悦寺*こんな京都のお散歩はいかが

そうだ 京都、行こう。

このポスターで有名になった?源光庵

 

 

 

こちらも京都のかなり端っこ

わたしは自転車で行ける距離♪

 

 

 

坂道の上なので乗る、というより

自転車を押して行って参りました!

 

 

skitched-20160401-140932-2

 

 

玄琢下(げんたくした)から

坂道を上がって行くと八坂神社がありました

おけら参りの八坂さんとは違います

 

 

 

 

いつ頃つくられたのかははっきりしない

(そういうトコ多いけど 要はかなり昔ってこと)

 

 

 

石造りの鳥居

舞台拝殿

本殿 その前の狛犬も棟門も立派!

 

skitched-20160401-143119

 

このあたりは江戸時代

野間玄琢というお医者さまの薬草園

だったとか

 

 

 

それで玄琢というんですって

 

 

 

側のお家からは西陣の機音(はたおと)が

聞こえていました

もう珍しいです この音が聞けるのも

 

 

skitched-20160401-143232

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた坂道を上がって行くと常照寺

吉野太夫ゆかりのお寺

 

skitched-20160401-143401

 

えーと吉野太夫(よしのたゆう)って誰?

っていう話なんですが

 

 

まず太夫(たゆう)とは

遊女、芸妓の位で最高位

今でも京都の島原(花街)には太夫がいるらしい!

 

 

 

吉野太夫は10代目まであったらしいですが

長くなるので端折ると

 

 

 

大変な才色兼備で

お隣明国にまでその名が轟いていたそうです

 

skitched-20160401-150042

 

吉野太夫は

常照寺を開いた僧 日乾上人を拠り所としていて

このお寺の朱門を贈ったようです

(上の写真です)

 

 

境内には太夫のお墓があり

今も4月には太夫の花供養が行われ

島原から太夫が参拝する行事があります

 

 

 

吉野太夫が愛した吉野窓は

残念な感じでしたが

もうじき境内は桜に包まれそうでした

 

 

skitched-20160401-145326

 

 

 

 

 

そして源光庵へ

 

skitched-20160401-144409

 

例のポスターには

悟りの窓と迷いの窓の写真

 

 

本堂に入ってすぐにありました

悟りは丸くて迷いは四角・・・

 

 

丸形には禅と円通の心を表し

円は大宇宙を表現しているんだとか

 

 

角形は人間の生涯を象徴し

生老病死の四苦八苦を表しているそうです

 

 

春まだ浅く窓から見えるお庭は

そっけないものでした

やっぱり紅葉の時期が1番のようです

 

skitched-20160401-144559

 

 

そして源光庵のもうひとつの見どころは

血天井!

 

 

この前の正伝寺にもあるそうですが

関ヶ原の戦いのはじまり

伏見桃山城での戦でたくさんの人が討死

 

 

生き残りも自刃し

彼らの魂をなぐさめるために

血痕の残った床板が五つの寺院に分けられたそうです

 

 

この源光庵には

足跡や手形がハッキリ残っていました

 

 

 

写真には収めましたが

これは生で見た方がいいと思います

本堂の天井板すべてではないのかもしれませんが

 

 

 

あの空間に身を置いてみて

ご自分で感じてみるのが1番だと思います

 

 

 

わたしは悟りの窓と迷いの窓を見て

血天井を見たりお庭を見て

 

 

 

宇宙の中にある大きな世界の日本にいて

こんな歴史の時間の流れの今にいる

その静けさになんとも複雑な気分になりました

 

skitched-20160401-144702

 

お庭が見えるところで

しばらく瞑想させてもらったのですが

なんとも妙な感じで

 

 

 

わずかな時間でやめました

その感覚 あなただったら

どんなふうに感じるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺り鷹峯三山を見渡す景勝地は

江戸時代 徳川家康が本阿弥光悦に与えた土地で

光悦は工芸集落をつくりました

 

 

 

今で言う「アートビレッジ」で

いいのかな?

 

 

 

光悦は俵屋宗達、尾形光琳とともに

琳派の創始者で

数多くの陶器や書、蒔絵など残しています

 

 

 

去年京都国立博物館で琳派の展示会は

ものすごい盛況だったそうですが

 

 

 

そんな光悦のお墓があるのが光悦寺

そして7つも茶室があって

鷹ヶ峯 鷲ヶ峰 天ヶ峰を望めます

 

 

 

本堂はさほど大きくなく

点々と庭に茶室がいくつもあるのは

なんだか不思議でした

 

 

 

お寺?って感じです

やっぱり京都は古くて新しい街

 

skitched-20160401-144820

 

タクシーでやってきた

フランスのお客さんを案内する方

着物姿のご婦人方など

 

 

 

京都のこんな端っこまで来る人は

やっぱりかなりの通な人なんだろうな

なんて思いながら歩きました

 

skitched-20160401-144919

 

今回歩いてみて鷹峯三山を初めて知って

江戸時代からここは開けていたこと

驚きの連続!

 

 

 

「利休にたずねよ」だとか「輪違屋糸里」

ここ数年読んだ本とも結びついて

あらためて京都ってすごいトコです

 

 

 

こんなコースもご案内できます

こことあそこだけとか

お昼にしょうざんリゾートの中華が食べられたら

あとはおまかせ、とか

 

 

ご希望にできるだけ応えます

 

おいしくてうつくしいわたしの暮らす街・京都をお散歩
skitched-20160401-145818

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0