blog

哲学の道から法然院へ 大文字山を見上げる

桜のシーズンが終わって

静かになった哲学の道を歩いて

法然院へ行ってきました

 

 

 

哲学の道、なんてすてきな名前

京都には半木の道(なからぎ)

きぬかけの道など

ネーミングセンスがいい道があります

 

 

 

哲学の道はあまりにも有名ですが

琵琶湖疏水に沿った歩道で

疎水の両側には桜並木

山側には森が広がっています

 

 

 

明治の頃 文人が多く住み

哲学者の西田幾多郎や田辺元が散策したことから

この名がついたそうです

 

 

 

桜は終わっていましたが

ツツジや山吹 ユキヤナギ

シャガ ミツマタ

春の花が静かに咲いていました

 

 

 

IMG_2496

 

 

 

 

何度も哲学の道は歩きましたが

法然院へ行くのは初めてでした

 

 

 

疎水から山側へ歩いて行くと

どんどん静かになり

鳥の声ばかりが響いていました

 

 

 

木立の日陰で曇ってきたせいもあり

ひんやりしていました

 

 

 

パラパラとしか人はおらず

新緑は鮮やかで

数日前の雨でしっとりしていました

 

 

 

立派な山門をくぐると

白砂壇(びゃくさだん)水を表しているそうです

心身を清めて浄域に入るようになっています

 

 

IMG_2500

 

 

境内には山藤やシャクナゲが咲いていて

水辺には花がしつらえてありました

 

 

 

森のお話を聞きに行ったのですが

始まるまで時間があるので

境内を見せてもらっていました

 

 

 

そこに不思議なモニュメント?がありました

「聞思得修信」と書いた陶板があり

 

 

 

聞 Listen

思 Think

得 Accept

修 Practice

信 Believe

 

 

なんだかちょっと立ち止まり

考えてしまいました

わからないなりに

 

 

 

法然上人の800回忌を記念して

陶芸家の中野亘氏が奉納されたものだそうです

 

 

 

なんだかね

宇宙のイメージがしました

この場にとてもしっくりきてる感じも・・・

 

 

 

IMG_2507

 

 

 

この法然院のご住職のお話も聞いてきたのですが

まさに今どう在ること?と

ヒントになるお話

 

 

境内では書の展示会中

そしてご自身も関わっておられる森の教室

など様々に活動されている方

 

 

たくさんの本があり

集まった人にふるまわれた

湧き水で淹れて下さったお茶の美味しかったこと

 

 

なんというか

法然院の印象そのままのお人柄

お人柄そのものが法然院に現れている

そんな感じがしました

 

 

 

IMG_2502

 

 

 

お話の後 大文字山(如意ヶ嶽)の前にそびえる

善気山を散策

 

 

 

森から見えてくる歴史

植生からわかる先人の意図

いろんなお話を聞きました

 

 

 

自然から教わる

自然から頂く

自然と共存する

 

 

 

わたしたち人間が

ここまで生きながらえられたのは

自然があったからですね
法然院ホームページ

 

 

 

 

 

 

日々目の前のことに一生懸命で

それでいいのですが

 

 

たまにはでっかい宇宙のこと

自然のこと世界のこと

そんなことを考えてみることも

 

 

自分の人生を豊かにすること

そんな時間を自分にプレゼント

京都でそんなひとときを過ごしませんか

 

 

 

新緑が濃い緑に変わってゆく

その強いエネルギーを一緒に感じましょう

いろんなお話をしながら

おいしくてうつくしいわたしの暮らす街・京都をお散歩

 

 

 
IMG_2514

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0