blog

あの早川ユミさんに会う*何を選んでどう生きるか、全て自分で選べる

 

以前この本を読んで

早川ユミさんを深く知りました

 

 

〈在り方〉を暮らしで体現している人

なんだなぁと思いました

 

 

手作りや食べること、からだ

周りの人を大切に生きておられ

それをご自分の言葉で発信していらっしゃいます

 

 

 

IMG_0075

 

 

 

その早川ユミさんが

時々京都にいらっしゃることを

去年だったか、知りました

 

 

 

それから彼女の動向を

なんとなくチェックしていて

今回お会いすることができました

 

 

 

全国的にも有名らしい恵文社さんで

恵文社

「2016ちくちくワークショップ

冷えとりと呼吸のためのからだレッスン」があり

行ってきました!

 

 

 

IMG_0082

 

 

 

ゴザを引いた床の上に座ってのワークショップって

ちょっと斬新で

実に早川ユミさん的です

 

 

 

IMG_0074

 

 

どんな方かと思えば

とってもかわいらしい普通の人でした

(お写真そのまま)

 

 

普通って???

 

 

ー「こんにちは」と挨拶して

初めてお会いした距離感が心地よい感じ

 

 

世に名前が出回っている人って

同じ目の高さで丁寧に接する日常が

違ったりしませんか?

 

 

でも

あー、わたしと同じ人なんだなぁ!

安心させるような雰囲気を持った方でした

 

 

 

特別なこと特別な人がやってる」

そういうやり方を見せる人もおられます

 

 

 

「誰でも少し真似できそうなことを

やりたくてやってる続けている」

これが早川ユミさんじゃないかなー

 

 

 

IMG_0078

 

 

穏やかで静かな話し方

自分の考えを堂々と自分の言葉で話す

 

 

からだこころ暮らし

ちゃんと繋がって生きてる人って

こうなんだなぁ

 

 

湯たんぽぶくろをみんなで手縫いしながら

ユミさんがどんな思いで

どんな暮らしをしているかを聞いたり

 

 

参加した人の自己紹介では

 

 

話した人の何かからユミさんが

いろいろにお話をされ

途中に座って出来る呼吸法をしたり

 

 

湯たんぽぶくろに使うボタンは

お連れ合いのてっぺいさんの陶器で

全部違っていて迷いながら選ぶのが楽しかったです

 

 

IMG_0079

 

 

ユミさんオリジナルのお洋服は

布もデザインも素敵で

着るとハッピーになりそうなものばかり

 

 

自分の目で見て

自分の手で作って

自分の頭で考えているユミさんにお会いして

 

 

のびのびした気持ちになり

 

 

湯たんぽぶくろも

のびのびしたものになりました

 

 

 

 

 

 

おとなになるって

自分の生きたいように生きることが

できるようになることなんだなぁ

 

 

ユミさんは50代

かわいらしい雰囲気にぴったりの

ヘアスタイルにお洋服

 

 

いくつになっても自分が着たいものを着て

自分がいいと思うものを食べて

自分の価値観で堂々と生きる

 

 

それが

社会をいい方向に変えてゆくチカラにもなる

 

 

 

いまを見渡すと社会的なことって

わたしたちの暮らしに影響があるとわかります

 

 

 

 

 

 

 

あらためて

わたしはどう在りたいのか

何を大切に思うのか

誰を大切にしてゆくのか

そこが行動とつながっていたいと思いました

 

 

 

在り方から生まれる言葉

すごいパワーを持つのだと

あらためて知りました

 

 

 

自分の中で

何かがバラバラになっていないだろうか

 

 

外に求めず内を探求できているだろうか

 

 

友達の言葉

「すべて選べる すべて許されている」

これがまた一段深いところに落ちました

 

 

IMG_0081

  紐の位置をもう少し下げたら もっとかわいくできたかな


イラストもユミさん 楽しく読めます

旅をして自分のスタイルが出来上がって行く

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0