映画の感想

自分とはちがう世界や時間を体験できる至福の時間*2018年の映画で良かったもの

 

 

2019年も観たい映画が続々

 

 

レディ・ガガが出演してるものや

ホイットニー・ヒューストンのドキュメンタリー

など音楽関係いいのが続きますね

 

 

この前、新年初の映画へ行ったら

お隣に座っていた人が映画にのめりこむあまり

大声で「危ない!」思わず声が出たみたい(笑)

慌てて口を押さえてはった(笑)

 

 

いやいや、いいですねー

そんな知らない者同士が同じスクリーンを観て

泣いたり笑ったりドキドキしたり

 

 

DVDではなくて

映画は映画館で観たいですね

 

 

*タイトルの後、DVDを画像で紹介しています。

こちらで購入頂くと、わたしへの応援になります。

できるだけリーズナブルで、送料無料を選んでいます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

さて

2018年は95本観ました

これ過去最高ちゃうかなー

 

 

その中で良かったものを紹介します

(タイトルの後ろの★で感想に飛びます)

 

 

  • 夜空はいつでも最高密度の青色だ ⭐︎


この映画は詩人 最果タヒさんの詩集を読んで

石井監督が脚本を書かれたそうです

 

  • ユダヤ人を救った動物園 

 

 

 

  • ゴッホ最期の手紙 

 

  • Shape of water  

  • ペンタゴン・ペーパーズ  

  • 君の名前で僕を呼んで  

  • 1987、ある闘いの真実  

  • 志乃ちゃんは自分の名前が言えない  

  • バトル・オブ・ザ・セクシーズ  ★

  • 彼の見つめる先に  

  • ボヘミアン・ラプソディー  

10本に絞りきれない…

 

 

アジア(日本含む)映画 4本

ヨーロッパ映画 3本

アメリカ映画 4本

それ以外 1本

内訳はこんな感じ

 

 

以前は映画と言えば

アメリカ・ヨーロッパだった

アジアも(特に韓国!)続々といい作品が

生み出されている

 

 

京都シネマで観たもの 5本

出町座        6本

シネコン       1本

 

 

やっぱり小劇場にかかる映画が

わたしは好き

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0