blog

わかることがええことちゃう、感じたまんまでええんちゃうの KYOTOGRAFHIE

 

今年もKYOTOGRAPHIEが始まってます

先日、京都新聞社でやってた

金氏徹平氏の作品を見せてもらってきました

 

 

 

正直に言います

全 然 わからんかった

何を表現したいのかも

さっぱりわからへんかった

 

 

 

でね、その先があって、ですね

「なんで『わかろう』とすんにゃろか?」

やねん

 

 

 

だって

わからなくても感じてるやん

ソレでええんちゃうの

 

 

 

アートって「わかる」ものちゃうやん?

 

 

 

えーっと

理解するもんではない、かな

 

 

 

なんでソレをわかったことにしたいんやろ?

そこにすでにピュアさがあらへん(笑)

頭 で 見てる

 

 

 

 

どう感じたって ええやん

 

 

 

 

 

 

 

感覚を大事にしてねん、ワタシ

 

 

 

コレ見てワケわからん

あー、春やなぁ 嬉しいなぁ

このヒトの言葉 素直に聞かれへん!

 

 

 

ソレ、全部ワタシのホンマやと思うのん

 

 

 

感じたそのまんまが

ワ タ シ の 真 実

 

 

 

それを「ええ」だの「あかん」だの

決めてるのは誰ですか?

 

 

 

アタマで見てる!

それに気づかせてもらう機会、なんかな

KYOTOGRAPHIE

 

 

 

大人になったら

こうした方がいい、とか

コレが普通、とか

いやいや ソレ、ホンマですかーーー

 

 

 

疑ってかかろう!

アタマを黙らせよう!

もっと感覚で行っていいと思うねん

 

 

 

感じたまんまを

あ、そうかー そやな で、いい

 

 

 

おとなげないな、とか

きっとワタシを思って言うてくれはってん、とか

余計なフォローいらんな

 

 

 

ええこと言おうとか(笑)

計算が働くおとな、感じわるい(笑)

自由でええやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0