呼吸

からだとこころのつながり そして 両方にいいもの

投稿日:

 

体調が優れない時

どんどん不安になって

悪い方へ悪い方へ想像が膨らんで

やたら悲観的になる

 

 

 

仕事で人とぶつかって

気まずいまま帰ってきた

ごはんを食べても美味しくない

夜もぐっすり眠れず目が覚めたら

からだがだるくて仕方がない

 

 

 

こんな経験ありますね

 

 

 

こころとからだはつながっていて

どちらかがよろしくないと

両方がよろしくなくなる

 

 

 

反対に落ち込んでいても

気晴らしに外に出たり歩いたりしてみると

(からだを動かす)気が晴れたり

 

 

 

不思議であり

よくできてるわたしたち人間

 

 

 

わたし自身もからだの疲れや不調が

誰かと話してスッキリしたり

非日常の体験をしたら忘れていたり

 

 

 

 

こころとからだのつながりを感じた経験は

無数にあります

 

 

 

 

 

 

からだが動かない時に

無理に動かそうとしても動かへんし

 

 

 

こころが疲れている時には

外にも出られないし誰にも会いたくない

 

 

 

むしろ

  • からだの時はこころ
  • こころの時はからだ

 

 

 

様子を見ながら反対側にアプローチすると

両方が良い方に動き出す

そんな実感を持っています

試してみてね

 

 

 

 

 

 

からだにもこころにも両方にいい

それは適度な運動、動き

そしておしゃべり

 

 

 

歩いたりストレッチしたり呼吸したり

不調になる前だと、尚いい

普段からやってると極端なことにならへん

わたしはそう感じています

 

 

 

そしてやっぱり誰かと「話す」こと

お店の人とでも

通りすがりの人に「こんにちは」だけでも

 

 

 

誰かと話すと巡りが始まる

ひとりでは動かせないものが動く

これも試してみてね

 

 

 

 

 

 

あなたのこころとからだに

呼吸レッスン

写真に写る体験

書くこと

 

 

おすすめしています

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0