暮らし

思いつきでやってみる 何事もおもしろがる

 

久しぶりに奈良へ

奈良国際映画祭プレイベントで

 

 

「カツベン!」

「37seconds」

「人生フルーツ」

3本の映画を満喫

 

 

どれも観たことある映画やったけど

お休みで特に用事もないし

こんなんがある、と聞いて行ってみた

 

 

ただ映画を観るだけじゃなくて

司会者から意外な裏話

映画監督や出演者、関わった人などの

貴重なお話の数々

 

 

そして万全な感染対策

外へ出るから出会えるフレッシュな経験

 

 

 

 

 

 

スイカをもらった

初もんやわ、うれし

甘くて瑞々しくて…おいしくよばれた

 

 

きゅうりのおつけもんに

飽き飽きしていたので

スイカの皮でおつけもんに初チャレンジ

 

 

瓜のおつけもんが好きなので期待大

 

 

 

 

 

お休みの朝

カボチャが冷蔵庫にあるなぁ

 

 

いつもの食べ方ちがって

簡単でおいしいもん作れへんかなー

そや!と閃いて

 

 

カボチャを圧力鍋で数分蒸して

熱々をすり鉢で潰して

塩少々と自家製お味噌少々

 

 

そこに冷たい豆乳を入れ

10分ほどで冷製カボチャスープ

 

 

ほんならパン焼こか

カボチャを蒸した鍋でズッキーニを

1分ほど蒸してチーズの上に

 

 

どこぞのカフェのような朝ごはん

 

 

 

 

付け合わせはスイカの皮のピクルス

(ちょっとええカッコしたー笑 おつけもんやんかー)

 

 

 

 

 

「茗荷が出てるから取りにおいで」と母

早朝、軍手と袋を持って

実家へ

 

 

茗荷って

地下茎から”にょっ”と顔を出す

3分の2ほどは土の中

 

 

 

草の部分は1メートルほどの高さで

ちっさい林みたいになってる足元に茗荷は出る

 

 

土と同じ色やし

よく見ないと見つけられへんねん

草をかき分けてかき分けて

 

 

 

 

こんなにいっぱい遠慮せずもらう

自分の手で収穫するって格別なん

 

 

 

自分で探して採るから

こういうところにある、と見つけられるし

目が慣れるとたくさんあるのがわかる

 

 

 

実際にやってみる「リアル」体験は

すごい発見と喜びがある

 

 

 

土に触れて梅雨の間の雨を感じるし

土にも匂いがある

茗荷がぽきんと地下茎から取れる時の感覚

 

 

 

このあたりは大きいヤツが採れる、とか

目線を落とすために屈むから

向こうの方にある茗荷を見つけて

どうしても欲しくなってしまう狩猟本能いっぱいのわたし

 

 

 

リアル体験のドキドキワクワクったら

他に勝るものはないんちゃうかー

 

 

 

 

 

 

 

泥を落とさないと使えへんから

水につけておくと

 

 

なめくじが2匹に米粒ほどのカタツムリが出てきて

キャーキャー言いながら逃してやる

(もちろん よぅ触らん)

 

 

もう花が咲いてるのもあって

花の部分はデリケートやから

先につまんで取っておき、やさしく別洗いする

(花も食べられる)

 

 

麺類の薬味にしたり

お味噌汁に浮かべたり

他の野菜とおつけもんにしたり

 

 

甘酢漬けにしておくと長持ちするし

ツンととんがる味が丸くなる

 

 

料理本では丸ごとやってるのが多い

見た目はええけど使いにくい

わたしは刻んで漬ける

 

 

 

 

出かけたり食べたり

小さいことやけど

できるだけ「パターンを崩す」

 

 

やってない事をやってみる

滅多に行かないところへ行ってみる

普段読まない作家さんの本を読んでみる

 

 

通らない道を歩いてみる

遠慮しがちやけど喜んでもらう

いつもとちがうお店に入る

 

 

そうやって「おもしろがる」

 

 

あぁ〜失敗やったナ

案外良かったんちゃう?

うん、まずまず

 

 

話のネタになったり

テリトリーが広がったり

 

 

スイカの皮のおつけもんなんか

生ゴミがめっちゃ減ったし

(見た目も新鮮でおいしいおつけもんやった)

 

 

ほんのちょっとした事で

毎日に変化があって楽しくなる

 

 

 

 

 

 

巨大きゅうりを買い

傷ませないように干してみた

1日干したセミドライ

2日干したドライ

食感が全く変わります!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0