映画の感想

サウルの息子

 

 

ナチスは確信犯だった
狂気の大量殺人の一方で
証拠隠滅までしていた

 

 

身ぐるみ剥いでガス室へ送り
死体の処分やガス室の掃除を
ゾンダーコマンドにさせていた

 

 

ラストのサウルの顔
極限状態から
ほんの少し解かれた表情

 

 

わたしも彼もナチスも
同じ人間
 

 

 

 

サウルの息子
2016.3 Twitter

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0