映画の感想

愛と哀しみのボレロ

 

ロシア・ドイツ・パリ・アメリカ

 

4都市で第二次世界大戦に
翻弄される人たちが交差する

 

登場人物が多く
最初に登場した人の子や孫へと
ストーリーが移ってゆくので複雑

 

収容所に送られる途中で
線路に我が子を
置き去りにする親子の哀しい運命→

 

 

→ヒトラーに褒められた音楽家が
戦後もその罪から逃れられない姿

 

戦争がいかに虚しいかを
壮大な視点と描き方で3時間!

 

とにかく生き抜く以外に
苦しみが変化する可能性はない
生きてゆくことの尊さ

 

タイトルに納得
セルゲイのバレエに釘付け!
サラの歌も素晴らしかった

 

 

愛と哀しみのボレロ

 

 

2016.2 Twitter

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0