映画の感想

イミテーション・ゲーム

 

飛び抜けたものを持つ人は
こんなにも孤独で優しい

 

秘密を守るための嘘が重ねられて
何が真実か何が正しいのか
わからなくなる

 

アランの最後はかなしいが
彼をわかってくれた人はいた

 

違いを認め合う
人にも社会にも必要な
生きてゆくチカラ

 

 

 
2016.3 Twitter

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0