blog

通りを歩く 三条通を河原町から千本通まで*碁盤の目になってる京都

 

河原町通から千本通まで

いっぺんに歩くのはちときつい

(約2,5㌔と言われていますが)

 

 

まずは河原町から烏丸まで

烏丸から堀川まで

堀川から千本まで

 

 

区切った方がいいです

特に普段歩いておられない方

 

 

 

 

 

河原町から烏丸の間は

何度か人を案内したり

自分でもよく歩きます

 

 

京都の中でもよく紹介されているかも

 

 

skitched-20160318-110804

 

 

新しいものと古いものが共存しています

 

skitched-20160318-111017

 

 

skitched-20160318-111223

 

 

こちらは京都では有名なカフェ

お店の奥の円形のカウンター

ぜひ見てきて下さい

 

 

skitched-20160318-111524

 

 

この看板

いつも足を止めて見上げます

こんな貴重なもの

もうそんなに残ってないでしょうね

 

 

skitched-20160318-111714

 

 

 

京都のお家の軒先には

こうしてちまきが下げてあることが多いです

厄除のお守りです

 

 

skitched-20160318-111759

 

 

京都文化博物館

三条通から入れて見せてもらえます

旧日本銀行の重厚な雰囲気を

ぜひ味わって下さい

 

skitched-20160318-111900

 

 

当時の窓口

 

 

skitched-20160318-112048

 

 

こんな雰囲気

なかなかあらへんと思います

 

 

skitched-20160318-112202

 

 

 

少し離れて中京郵便局

こちらも重要文化財

 

 

 

そろそろ烏丸通に出ます

 

 

skitched-20160318-150409

 

横断歩道を渡った所に

旧第一銀行京都支店があります

 

 

 

このあたりはカフェがたくさんあります

お店をのぞきながら

休憩してもいいですね

 

 

skitched-20160318-150534

 

 

旧西村貿易店社屋

文化財だらけです

テナントが少なくなりましたが

中も素敵です

 

 

skitched-20160318-150655

 

 

こちらは韓国カフェとギャラリーになっています

 

2階の窓をよく見ると・・・

 

skitched-20160318-150933

 

 

とっても凝っています

横の小さい瓦でつくられた人形は

「しょうき(鍾馗)さん」と呼ばれ

魔除けの置物です

 

 

IMG_6532

 

 

 

 

skitched-20160318-151212

 

 

 

撮りたかったものが

もっとありますが

個人のお宅やお商売の邪魔になり

遠慮しました

 

 

 

あなたなら

どんなものに目が行くでしょう?

 

 

skitched-20160318-151337

 

 

烏丸から堀川までは

普段着の京都の街です

 

 

地域の人が行き交う道

地元の人が利用するお店

 

 

skitched-20160318-151529

 

 

 

skitched-20160318-151819

 

 

 

 

 

 

 

 

堀川通に出てきました

千本通までの商店街の入り口です

 

 

skitched-20160318-153944

 

 

八百屋さんに花屋さん

お惣菜にパン屋さん

スーパーに喫茶店

 

 

アーケードがあって

暑いくらいの日差しでしたから

涼しく歩けました

 

 

ここにも歴史を感じる看板が

たくさんあったのですが

カメラを向けることができませんでした

 

skitched-20160318-154019

 

 

あなたの街にはお地蔵さんがいらっしゃいますか?

京都には地蔵盆があり

こどもの守り神として

地域に必ずお地蔵さんがおられます

 

 

 

skitched-20160318-154341

 

 

こんなカラフルでタイルばりの

地域の人々の愛情を感じるような

お地蔵さんも

この商店街におられました

 

 

きれいなお花も活けられ

公園のすぐ側で

見守って下さっています

 

 

 

 

 

 

商店街ツアー?なのでしょうか

店先でたくさんの人が

お惣菜を試食されていました

 

 

どんな人が

どんなものをつくって

お商売されているか

 

 

そんな話を直に聞きながら

見たり触ったり食べたりする

体験型のツアー

最近人気ですね

 

 

わたしとのお散歩も

京都ならではのもの

この季節だからこそ

というご案内を致します

 

 

またわたしは女性ですので

女性目線で美しいもの

おいしいもの

わたし自身も興味があるものを

ご一緒に楽しみたいと思っています

 

 

お問い合わせ・ご依頼はこちら

おいしくてうつくしいわたしの暮らす街・京都をお散歩

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0