映画の感想

駆け込み女と駆け出し男

 

原作 井上ひさしさん
面白いに決まってる!

 

女性は黙って
耐えるしかなかった時代
わたしは言える

 

嫌だ悲しい嬉しいありがとう

 

じょごが自らの感情や興味に
正直になってしあわせを選ぶ

 

自分の意志で変えると
決めて動き出せば変わるんだ

 

 

 

 

映画 駆け込み女と駆け出し男

 

 

 

2016.3 Twitter

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0