映画の感想

真珠のボタン

 

チリの南部には
海のノマドがかつて存在したという
厳しい自然環境を生きた原住民

ピノチェット政権時に虐殺されて
海に捨てられた人が何千人もいるという

 

水には記憶があるそうだ
海は人類の歴史を見てきた
視野が狭くなってる今 観て良かった

 

 

真珠のボタン

 

 

「光のノスタルジア」と対になっている作品

 

2016.6 Twitter

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0