映画の感想

ある終焉

 

終末期専門の在宅看護師
セリフは少なく長回しのカット
彼の孤独が伝わる

 

ラストの衝撃が強くて呆然と劇場を出た

 

でも現実ってこんな感じだ
すべてが未解決のまま同時進行

 

看護ってそうかもしれない
自分も患者もお互いを必要としている

 

 

 

 

ある終焉

 

 

 

2016.8 Twitter

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0