映画の感想

永い言い訳

 

 

最後に言い切ったあの一言
胸の中でひっくり返したり
上から見たり離れて見たりしている

 

 

誰もが自分だけの真実を探していて
あの一言も主人公の監督の偽らざる真実なのだろう

 

 

ひとりぼっちだと感じる時
わたしは誰かといたいと思う
その誰かが具体的に上がらないのが現状で
きっと誰でもいいわけではないから
ひとりぼっちなんだと思う

 

 

関係性の中でしか
本当の喜びは得られないと
どこかで聞いたが
ものすごく心当たりがある

 

 

ぶつかったり
お茶を濁したり
傷つけたり
そうしてつくってゆく
そうして強くて確かなものになってゆく

 

 

だから恐れず向かって行けばいいのだな
本当にその人との関係を望むのなら

 

 

どうでもいいなら
そんな面倒でエネルギーのいること
しないもの

 

 

誰よりも自分に言い訳したくない、かも

 

 

 


 

 

永い言い訳 公式サイト

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0