映画の感想

めぐり会う日

 

望まれて愛された存在だったのか
そこに確信が持てない時
人は自分を肯定できない

 

無表情な主人公

 

母と子がそれぞれに裸のシーンが
たくさんある
「裸になる」=本当の自分

 

後半言えなかったことを言う2人

 

前半の子が母をマッサージして
抱きしめ揺らすシーン
それがあったから後半にたどり着いた

 

あっけなく肩透かしを食らった気もするが
一つのシーンから汲み取るものが多い
後から「そうかもしれない」と思う映画

 

 

「冬の小鳥」の監督作品

 

 

エッセイスト紫原明子さんの感想が心に残った

>主人公の切望によく似たものを、私たちも知っている

>”あなたは愛されていい”

>女でも、妻でも、母でもない、ただの私に許しが欲しいのだ。

 

 

めぐり会う日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0