映画の感想

アンナとアントワーヌ

 

フランス映画らしいストーリーで
主人公の男性も女性も本当に魅力的

名作「男と女」と同じ監督作品

以前はフランス映画を理解できなかったけど
日本の常識で観てたからと気づく

結婚していてもパートナーがいても
惹かれるものは惹かれる

そこに正直でロマンチックなのが
フランス映画

自分に正直に生きるのは
理解されず傷つくことも多いけど
本当のしあわせに出会うこと

 

 

アンマに抱きしめられるために
長い行列で並ぶ人々
しあわせを願う気持ちは世界共通

 

 

一旦は別れ別れになるが
ラストはロマンチック
インドを旅したことがある人には
たまらない映画かも

 


アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 公式サイト

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0