映画の感想

映画「すれ違いのダイアリーズ」*切なさは万国共通!?タイ映画にときめく

 

「サワディカー」(こんにちは)

「コップンカー」(ありがとう)

映画の中でわかった言葉は

このふたつ!

 

 

 

タイの映画って

初めて観たかもしれない

陽気で明るいタイの人たちを思い出した

 

 

 

ロイクラトンの願いをかけたランタン

わたしもあれを空に放ったことを思い出す

主人公もわたしも願いが叶った!

 

 

 

踏切の列車通過待ちのタイミングで

恋人に価値観のズレを話すシーン

 

 

想像上のふたりが海を泳ぐシーン

 

 

まだ見ぬ彼女を

日記に柱の傷に手首のタトゥーに

こどもたちの話に感じながら

励まされる彼

 

 

 

コミカルな始まりが

意外に深い内容を見せてくれて

単なるラブストーリーで終わらない

 

 

やがて出会う最後のシーンに

わたしもふたりに負けないくらいの笑顔になる

 

 

 すれ違いのダイアリーズ 公式サイト

アメリカ・アカデミー外国語映画賞作品
*まとめサイトができていました

 タイ映画「すれ違いのダイアリーズ」が素晴らしい!!!
 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0