blog

台風接近!祇園祭*山鉾巡行実施

いやはや 梅雨明けどころか台風が来ていますね

 

本日予定通り山鉾巡行だそうです
時折止んでいますがめっちゃ降ってます

 

2014年より前祭(さきまつり)・後祭(あとまつり)と

50年ぶりに分けられることになり

今日の巡行は前祭です

 

 

DSCN0569

 

鉾立てから宵山までは

梅雨の後半なことが多く
こうして鉾の胴懸と言われる美しい織物は

ビニールで覆われていることが多いです

 

 

この雨では鉾や山が角を曲がる辻回し

大変でしょうね・・・

どうぞ怪我や事故がなく皆さんが楽しまれますように

 

 

DSCN0579

 

 

 

祇園祭は宵山や山鉾巡行がよく知られているが

7月1日から始まっていて31日までの1ヶ月続くお祭り

 

 

7月に入ると四条烏丸周辺で

夜になるとお囃子の練習が聞こえてくる

 

 

コンコンチキチン コンチキチン

 

 

窓から少し様子も見え

電車の駅構内に流れているテープとは違い

なかなか良いものだ

 

 

7月の10日から14日頃に行われる鉾立・山立が終わると

夕暮れに提灯の灯りが灯り

太陽が沈み暑さも落ち着きホッとするひとときとなる

 

 

DSCN0576

 

 

今年は15,16日の夕方から歩行者天国になったが

車が規制され道路の真ん中から

こうして写真を撮ることもできる

 

 

DSCN0582

 

鉾や山を組み立ててゆく過程も

昔から変わらず

 

 

鉾の中心になる真木(しんぎ)を立てるのは

鉾を横に倒して取り付けられ

ゆっくり少しずつ縄で引っ張りながら立てられる

 

 

金具ではなく縄で固定され

「縄がらみ」と呼ばれ非常に美しい

 

 

 

 

2013-07-14 14.49.00

 

 

代々山や鉾を持つ町内では

こうしてお揃いのTシャツを着て

1ヶ月に渡る行事を役割分担をしながら

祭りを支える

 

 

鉾町では受け継がれてきた屏風や家宝を

町会所や個人の家で扉を外し展示

屏風祭とも言われ

普段見ることができない貴重な文化財を

間近で見ることができる

 

 

2013-07-14 15.40.42

 

 

小さな通りを歩いていたら

こうして古いものにたくさん出会う

 

 

約1100年前の疫病の流行から始まったとされる祇園祭

応仁の乱では一面の焼け野原となり一時途絶えたが

約30年後復活

 

 

町衆の手によってそれぞれに創意工夫され

豪華絢爛な山鉾となったらしい

 

 

2013-07-14 15.11.57

 

 

 

その歴史や文化は各鉾町に詳しく記されている

鯉山

大船鉾

芦刈山

 

 

2013-07-14 14.12.53

 

 

 

鉾にはこうして橋がかかり

公開され立ち入ることができるものもある(有料)

 

 

またそれぞれの鉾町の厄よけのちまきや

デザインのすてきな手ぬぐい

こどもの独特の節回しの呼び込み

 

 

祇園祭を楽しむポイントは様々にある

 

 

20万人もの人手の宵山で

夜店や祭り気分を味わうのもよし

 

 

鉾立て後

空いている日中に自転車で見て回るのもよし

 

 

2013-07-14 15.36.53

 

 

ただし街中は大混雑で

どこのお店もいっぱいで祭りメニューだったりする

 

 

限定ものが好きな人にはたまらないだろうが

暑さと歩き疲れた時には

祭りのエリアから外れたところでの

休憩や食事をおすすめする

 

 

そして京都は盆地なのでかなり蒸し暑い

晴れたらその日差しは強烈であることを

覚悟した上で作戦を立てて来られることを

さらにすすめておく

 

 

また近年増えてきたとは言え

京都は宿泊施設が少ない

世界中から観光客がやってくる祇園祭の時期は

かなり前に予約をした方がいいだろう

 

 

 

 

しっかり肌もカバーして

塗り直しができるよう携帯する

 

 

 

こういうUVカットの上着は1枚持参

クーラー対策にもなります

 

 

 

 

靴も履き慣れた楽なもので!

(足にも日焼け止めを)

 

 

 

 

 

わたしが祇園祭を知って意識したのは

高校生ぐらいだったと思う

 

 

友達と浴衣を着て出かけたり

おとなになってからは

仕事を終えて帰ろうとすると

お祭りの大渋滞で道が動かなかったり

 

 

7月になると街や駅でお囃子が聞こえ

そんな季節になったのかと

夏の訪れを感じる

 

 

まわりでは

毎年好きな鉾や山のちまきを買いに行ったり

お祭りに行く人の浴衣を着付けたり

そんな話も聞く

 

 

去年から今年にかけ

京都の歴史や魅力に触れる機会が多く

新たに知ることが新鮮でならない

 

 

自分の住む街のことを調べたり

歩いてみたりすると

意外に小旅行気分になったり

世界が広がったりする

 

 

そんな自分の中の小さな変化は

ほんの少しストレスを消し

なんとなくしあわせに向かっているような気がする

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0