blog

これが最後になっても後悔せえへん?*その基準ですべてを見つめ直す

投稿日:

 

 

あの地震から3日目の朝です

(昨日書きました)

 

 

 

怖かっただけで

なんの怪我も被害もないのに

家にいる時はそばに避難リュック

夜は枕元に着替えとリュック

 

 

 

昨日は用事で外出したら

なんだか胸苦しい

「怖い」からやなー

 

 

 

朝、目がさめると

あぁ 生きてる!

ホンマにたいそうです(笑)

(大げさってことね)

 

 

 

 

 

 

 

 

直後なんかは

ガスを使うときも怖々

 

 

 

だんだんと

怖がってたら何もできひんやん

そやけど

いつ何が起こるかはわからへん

 

 

 

その時に後悔したくないな、って

すごく思った

 

 

 

今、お腹が空いてるのに

食べんと出かけて後悔せえへん?

 

 

 

これが最後のごはんになるかもやけど

適当ちごて丁寧に作ろうか

 

 

 

もし出かけた先で

地震が起こって死んだとしても

後悔せえへん?

 

 

 

それから

何をするにも

どこへ行くのも

それが最後になっても後悔しないか

それを考えてる

 

 

 

 

ほんなら

ちゃんと食べてから出かけよう

 

冷蔵庫にある野菜をいっぱい使って

軽いランチを作ろう

 

〇〇をしながらやったら

〇〇でなら

好きなことや場所で最後って本望やんか

 

 

 

 

すごくすごく

自分の〈好き〉

〈ホンマにしたいか〉に対して

 

 

 

ものすごく真摯に考えて

純粋な気持ちで何事もできる

 

 

 

 

そうしながら思った

こういう時ちごても

このくらい自分に聞いてあげるって

やらなあかんなって

 

 

 

 

時間ないから

めんどくさいから

相手のために、とか

もっともらしい言い訳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がかりだったことを問い合わせた

 

 

気まずくなってた友達に連絡した

 

 

お昼を丁寧に作った

 

 

気になる汚れ パパッと掃除

 

 

夜でも食べたいからデザート

 

 

今日のおやつにあれ!買いに行く

 

 

ホンマにひとつひとつ

特別なこともあるけど

やっぱり日常的なことが大事

 

 

あー・・・

今この状況なりにしあわせやな

嫌々やってることなんて ひとつもない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

災害もそうやけど

事故や病気いつ何があるかわからへん

 

 

 

もし明日世界が終わるとしたら

何をしてどう過ごす?

誰に会って何を食べて何を話す?

 

 

 

ひとつ気づいたのは

ストックはたくさんいらん

いつどうなるのかわからんのに

 

 

 

そやから

いつもそのつもりで

これが最後になっても後悔せえへん?

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0