2016年のお味噌づくり*3回目の仕込みは細かいところに工夫あり!

お味噌づくりも3回目になりました

 

 

だいたいのイメージができたので

作業も細切れです

 

 

去年見て良かったサイトの情報を思い出し

乾燥大豆を水に浸し

24時間たったところで大豆を割ってみました

 

 

豆の真ん中に芯がないか、確認します

ふたつの容器に浸けていて

ひとつがまだ芯があったのでもう1日置きました

 

 

 

skitched-20160206-110057

 

 

 

翌日、圧力鍋で大豆を炊きました

ここで事件が!

 

 

 

わたしの圧力鍋は高圧と低圧の

ふたつのモードがあります

 

 

 

豆を炊くときは高圧で

一定の圧に達すると火を弱くします

 

 

 

音を聞きながらPC作業をしていたら

いきなりピーッとものすごい音がして

水が隙間をぬって溢れてきました

 

 

 

慌てて火を止め、事なきを得ました

 

 

 

鍋を開けられるまでかなりの時間を要しましたが

開けてみると大豆の皮が

圧を調整するボタンに詰まっていました

 

 

 

それもかなりの量・・・

 

 

 

2回目の大豆を炊くときは低圧にして

音がしてきたらすぐ弱火で20分ほど炊きました

 

 

 

大豆はやわらかく炊けていました

わたしはフードブロセッサーやバーミキサーを

持っていません

 

 

 

サイトでも袋に入れて瓶で叩いてつぶす

方法を紹介していました

 

 

 

大豆を炊いた深いお鍋のまま

瓶をナイロンに入れて大豆を押しつぶしました

 

 

 

あまり細かくつぶさない方が

手づくりっぽくてわたしは好きです

 

 

 

 

 

 

 

大豆を炊いて冷ましている間に

麹と塩をよく混ぜておきます

 

 

麹の手触りのしっとりした感じ

存分に味わいます

 

skitched-20160206-110130

カタマリを壊して塩を混ぜてゆきます

 

 

今年は大豆900㌘ 麹900㌘ 天然塩450㌘

で仕込んでいます

 

 

これだけの量をいっぺんに混ぜられる容器は

ウチにはありませんので

2回に分けて混ぜました

 

 

だいたいの目分量でどれも半分ずつ

混ざったものをさらに入れ替えるように

混ぜ合わせて

 

 

 

麹の白い粒がわからなくなるまで混ぜました

 

 

 

 

 

 

今年は頂き物の陶器の壷に

仕込むことにしました

 

 

熱湯消毒の後、焼酎で拭き

さっきの大豆と麹と塩を混ぜたものを

ばんばん入れてゆきます

 

 

あっという間に完了

表面にはラップをして

袋に入れた塩で軽く重石をしました

 

 

 

さて夏を越したら開けるのを楽しみに

冷暗所(台所の流しの下)に仕舞いました

 

skitched-20160206-110205

 

 

余談ですが

大豆を炊いたときのお汁は

お出汁としてお味噌汁やお鍋に使います

 

 

大豆のエキスをすべて頂きます

 

 

skitched-20160206-110229

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0