食べ物を手づくり

噂のレモン塩を三重県のマイヤーレモンでつくってみました!

今年のお正月

那智勝浦温泉に行きました

 

 

 

行く途中、三重県の道の駅で

マイヤーレモンというオレンジとレモンを

掛け合わせた果実に出会いました

 

 

 

みかん好きのわたしは

そのまま食べられるモノだと思い

買ってみましたが

 

 

 

どうやらお料理に使う方が良さそうで

迷っている間に1個がカビてしまいました

 

 

 

慌てて以前から気になっていた

レモン塩をつくってみました

 

 

 

レシピはネットで検索して

だいたいな感じです

(わたしの台所仕事はいつもそう)

 

 

 

毎日びんを振って

様子を見ていると

塩がとろりとしてレモンの色になりました

 

 

 

 

 

 

 

スライスした状態でつくりましたが

使いやすさを考えたら

適度に細かくしておいた方が使いやすいです

 

 

2,3枚出して細かく切って

白菜や豚肉と鍋にしました

 

 

さわやかなお味

ついでに冷凍庫にあった

大きく切った柚皮を一緒にいれて

 

 

柑橘のいい香りが染み出たお鍋になりました

 

 

 

 

 

 

そしてこの時期欠かせない

白菜のおつけもんをつくるときに

レモン塩でまず漬けて少しお塩を足しました

 

 

マイヤーレモンの皮も塩になじんで

口に残らず白菜と一緒に食べることができました

 

 

 

 

 

レシピにもよりますが

かなりの塩気なので

慣れるまでは控えめくらいで使った方が良さそうです

 

 

 

お菓子づくりをする人には

さらにレシピが広がるかもしれません

 

 

 

わたしにもパンケーキに入れる

くらいならできそうです

 

 

 

カタチもシンプルで使い易い

保存瓶はWECKがお気に入りです

 

 

 

skitched-20160208-092904

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0