blog

観た映画が自分の何かと結びつくとき*映画で知る・学ぶ・自分をつくる

シネコンよりも京都シネマにかかる映画を

よく観たくなります

 

 

いわゆる小劇場で

いい作品が短い期間で

入れ替わり上映されます

 

 

「今を楽しむ」ことにしてからは

できるだけ観たいと思った映画は

観に行きます

 

 

 

20代の頃は3本続けて観ても平気でしたが

今は2本が限界

 

 

 

それも作品によっては強烈なので

1日1本を基本としました

 

 

 

わたしはゆっくりなタイプなので

ひと晩寝て起きてから

あれこれ浮かんだりわかったりします

 

 

 

じっくりまったり映画の世界を

楽しめるようになったのでしょうか

 

 

 

 

 

 

以前は苦手だった

ドキュメンタリーやフランス映画も

おもしろく観られるようになりました

 

 

 

本を読むことも好きですが

映画を観ることも

歴史や未知の世界を知る時間です

 

 

 

【知らないことを知る】

なんてエキサイティングで

おもしろいことなんでしょう!

 

 

 

自分が興味を持った映画を観ることから

始まる学びは

どんどん吸収されます

 

 

 

世界は広く多様であることを

つい忘れがちな日常ですが

 

 

 

忙しいときほど

何かに悩んでいるときほど

映画を観る

 

 

 

すぐに何か答えを得られたり

解決できるワケじゃないけど

 

 

 

ある時ふっと

「あの映画を観て良かったな」と

自分の何かと結びつくときが来ます

 

 

 

 

 

 

 

このところ戦争をテーマにしたものを

よく観ています

 

 

わかりやすい正義対悪

派手なアクション

がスッキリするからではなくて

 

 

ひとりの人間の憎しみが暴力に

暴力の報復から戦争に

そんな根底にある人間の心理に

 

 

強く興味があるから、のような気がします

 

 

暴力には暴力を、という解決ではなく

憎しみの連鎖をどうやって止めるか

 

 

歴史から学ぶ

事実から考える

 

 

そんなテーマで撮られた映画を観ることが

わたしがどう生きるかを

つくってゆくひとつだと思うのです

 

 

 

 

 

 

 

最近観て良かった映画

「64」

「スリーピング・ボイス」

「光のノスタルジア」

「真珠のボタン」

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0