blog

まさか自分が武道をするとは思わなかった*いらないものをいっぱい持ってることに気づかせてくれた合気道

skitched-20160302-090910

 

2015年の夏から

合気道を始めました

 

 

 

まさか自分が【武道】をやるなんて

想像もしていませんでした

 

 

 

あるワークショップで

合気道のほんのさわりを体験しました

 

 

 

こんなにおもしろいのか!

わずかな時間でしたが

自分の鎧がほどけてゆくのを感じました

 

 

 

skitched-20160415-163458

 

 

 

 

【武道】というと

パワーや男性、というイメージでしたが

パワーではないのですね

 

 

【氣】なんですね

 

 

以前から気功や【氣】には興味があって

わたしはわりと敏感なトコがあって

雰囲気とか気持ちとか

 

 

何とも言い難い【氣】の存在

重視していたようでした

 

 

 

 

 

人間もいきものですから

鈍った現代人とは言え

「なんとなく察する」ちからって

 

 

誰もが持っていると思います

 

 

そんな感覚を研ぎすませてゆく

からだの動きが合気道なのかな?と思います

 

 

 

skitched-20160415-162721

 

 

 

どうしても教わる人の影響を受けますが

いろんな人がいて

いろんな合気道があります

 

 

 

ウチはこんな感じですよ

というのはあるでしょうが

 

 

 

要は習って自分に入れて

どう出すかで

合気道はその人のオリジナルになります

 

 

 

力強いパワフルな合気道

スピーディーでキレのある合気道

しなやかでもぴしりと決まる合気道

 

 

 

年齢も性別も関係ないのですね

 

 

 

・・・とかわかったようなことを書きましたが

始めて半年

まわりは10年選手です

 

 

 

まだカタチすらなぞれていませんが

おもしろくって

いそいそ稽古に行っています

 

 

 

skitched-20160415-162506

 

 

 

男性のものすごいパワーや勢いに

ビビることもしばしば

 

 

両手両足バラバラな動きをしますから

パニくって止まってしまうこともしばしば

 

 

見てたらできそうでも、やってみるとできない

説明はわかっても

自分のホンマのところがわかってない

 

 

丹田からそれたり

重心がブレていると

かならずそれが露になります

 

 

下半身の筋力がモノを言いますから

帰り道や翌日はフラフラだったり

バシバシに筋肉痛だったりします

 

 

 

skitched-20160415-162555

 

 

 

初めてワークショップで

受け身らしきものをやったとき

 

 

 

畳にごろごろ転がって

「アホみたいにやってください」

言われました

 

 

 

関西では「アホ」って

愛を込めて使われる言葉で

「アホやなぁ」と言われると

 

 

 

一緒にげらげら笑うようなニュアンスなんですが

「アホになってやる」

 

 

 

やってみてなるほど、でした

 

 

 

おとなになって

「ええ格好」することは上手になりました

どうしたら「ええ格好」に見えるかもわかります

 

 

 

ためらいも

恥ずかしさも

カッコ悪〜も

 

 

 

ちょっとどこかに置いて

思いっきり後ろへ転けてみる

 

 

 

やればやるほど要らないものを

いっぱい持っている自分に気づきました

 

 

skitched-20160415-163801

 

 

 

稽古に行き始めてからは

ますますいらないものが

ボロボロはがれ落ち

 

 

 

今やすっかりこどもになって

恥ずかしさはどこへやら

 

 

 

それがとても気持ちがいいのです

 

 

 

どんな形容詞もついていない【わたし】になる

汗いっぱいかいて

髪の毛ぐしゃぐしゃになって

 

 

 

まるで中学の頃のクラブです

 

 

 

skitched-20160415-164052

 

 

 

いつも同じ自分と付き合うのではなくて

 

 

 

時には年齢相応のおとなだったり

仲の良い友達とは高校生に戻ったり

というように

 

 

 

合気道をやるときは

10歳ぐらいの少女に戻ってやることは

 

 

 

 

合気道をやる上でも

日常を暮らす上でも

とってもプラスになるような気がします

 

 

 

skitched-20160415-163953

 

 

 

 

脳細胞も日に日に減っているそうですし

体力も10代20代30代の人たちと

一緒にやるのはきついものがあります

 

 

 

でも彼らと同じことができなければいけない

ワケではないと思います

 

 

 

彼らには彼らの年代の

「できること」があるように

 

 

 

わたしにはわたしの

合気道とのつきあい方がある

それは自分で決めることだと思っています

 

 

 

ゆっくりな歩みで

時間はかかるでしょうが

 

 

 

「わたしの合気道」ができるように

おもしろがりながら

無理せずジリジリ行きたいなと思っています

 

 

 

こうしてまたひとつ

新しいことに出会って

自分の世界を広げてゆけること

 

 

 

それにチャレンジできることが

自分でもとてもとても嬉しいです

 

 

skitched-20160415-162812

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
google.com, pub-9670591505753225, DIRECT, f08c47fec0942fa0